スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を壊すコンサルタント


風水って知っていますか?

その名の通り

風と水の流れは、その場の気というものに影響を与えます

風と水をコントロールするためには

家具の配置は考慮する必要はありますし

そもそもの地形というものの影響は大きいです

大変重要です

しかしそれは戦略地勢上有効という意味が強いため

それは運気などというもののみのための、あやふやなものではありません

地勢上安全性が高ければ、ぐっすり眠れる日は多くなるでしょうし

そもそも風通しの悪い部屋

水はけの悪い部屋よりは

よいほうが、身体やこころなどへの影響はよいものになります

それは結果的に資本である身体が自由に動くということで

生き延びるための

現実的な意味があります

風水を信じる信じないという話はナンセンスです

風水というのは、人に影響をあたえるのは事実ですし

それを活用して

生産効率をあげようというのは

先人の知恵です


風水で、金運アップとか恋愛運があがるとかいうことをひろめて

一番金運があがるのは、それを広めている人です


なんでも風水で可能なはずがありません

よく考えてみてください

中華由来の風水で運気アップが自由自在とするとしたら

中国で最初に政権を取った、始皇帝の政治は今でも続いているはずです

清王朝は、滅びるはずもなく、戦争にも勝ったはずです

以前大笑いしたのが、李王朝由来の風水

ちょっと調べれば、李王朝がどのようなもので

どれだけ臣民を犠牲にしたかわかるはずです

そんな王朝が使っていた風水が、よしんばほんとうに伝わっていたとして

そんなもの、やりたい人がいるんでしょうか?


中華系の古くからいる風水師の多くは

その仕事をつづけていく上で、障害をおっていっている現実をしっているのでしょうか?


運気のコントロールを否定しているのではありません

コントロールするということは

そのひずみの責任を取る必要があるという可能性を考えないとならない

ということです


現実的に、ある方角にある色をおくなどというバカなことはやめて

ぐっすり寝るための

ゆったり寝るため風水を考えたほうが

結果的にはいろんなことがよく回ります


家はあなたの子宮です

子宮がキッチリと機能するには

なにももちこむ必要はありません

あなたがここちよく眠れる環境づくり


それがほんとうの風水だとわたしは思っています










バックパッカー

わたしがはじめて海外に出たのは

台湾〜タイ〜インド〜ネパールの貧乏旅行でした。

予算は27万円、期間は40日

20歳くらいの夏だったと記憶してます

これは別にわたしが旅が好きとか

世界をみたいとかそんな理由はまったくなく

旅の目標は

インドのダージリンで、ダージリンティーを飲む

ヒマラヤをみる

ただそれだけでした

で、その当時のわたしの英語力は


5W1Hすらわからないくらいの英語力


まわりは無謀だと心配しましたし

そんな英語力で一人旅なの!?と驚かれましたが

道中いろんな会話のコツをみにつけつつ

無事に生きて帰ってきました


その後なんだか、いきづまると旅に出るという趣味をもちつつ

気づけばかなりの国をぷらぷらしています

英語力は褒められたものではありませんが


海外での会話のコツは

発音を気にせず

文法を気にせず

言いたいことだけを言葉にし

通じないときに

私の言葉が理解できないの?
しょうがないなあ( *`ω´)



という顔ををすることです

そうすると


なぜか、そういう私を理解してくれよう

とする人のみ縁がつながり

楽〜に旅をつづけることができます

コンサルも英会話もおんなじです


こまごましたテクニック、文法や発音も大切ですが


なにより大切なのは


わたしはこの世界を満喫したいのだ!



という思いと

それを表現する気合

これにつきると思います(・Д・)ノ


ではまた



エネルギーワーク


質量保存の法則ってのがあります

実際に現実世界で生きている私たちは

この法則から逃れられません

ですから、エネルギーワークで、肌が綺麗になったり

髪がつやつやしたとしても

そこには、この法則が働いています

ですから(何がですから?って思った人はすいません)

一気に肌を綺麗に白くしたり

いきなり、とても髪をつやつやにするのは、よくないことです

こういう技術は

思いついて形にするのは、全然大変ではありません

大変なのは

効果を出し過ぎないようにすること

営業上の理由とかではなく、使う側が

クライアントさんの安全を確保しつつ使えるようにするまでが大変なのですよ

塩梅(あんばい)

これが一番難しいのかもしれません


ではまた













真のバリアフリー


あなたコンサルのブログでこんな記事なんて、アタマ大丈夫?
などと言われそうですが…


◇ ローションの前では誰もが平等…という、独自のバリアフリー理念

「ローションスポーツ協会」が掲げる理念は、“本当のバリアフリーイベント”。
バラエティ番組でローションまみれの芸人たちが四苦八苦しているように、
ぬるぬる滑るローションの前では、誰もが本来の身体能力を発揮できません。

そのためローションスポーツは、性別や年齢、体格・運動神経に左右されない、
“真に平等な条件”で競い合うことができる…というのです。

バカバカしいと思う方も多そうですが

個人的にはこういうおバカなイベントは大好き♬

詳細はこちら
時間作っていってこようかなぁ

■ローションフェスHP
http://lotion.event-kikaku.com/fes/

ちなみに

非アダルトイベントだそうですよん♬

結局やらないといけないこと

経営コンサルタント

という人達がいます

経営全般をコンサルティングする

というお話ですが

それって本気?

と個人的には思います

先進諸国(という書き方は微妙に嫌ですが)の国のコンサルタントさんというのは

実際は細かくすみわけがされているのが常識でした

実際

在庫をかかえるジャンルと

在庫のないジャンル

でも大きく違うのではないか?というのは容易に想像がつくと思うのですが

日本では、その疑問に対しても回答がないようです

それゆえに

「集客」などに特化した経営コンサルティングというジャンルが発展しているように思います

私は個人的には

経営とはわからないもの

と思っていますので

経営コンサルティングというのは、一度も行ったことがありません

なので

運営のコンサルティングということで引き受けています

運営ということは

現在のシナリオからの、物語の派生を考え、ポイントポイントで

落ちると痛い穴や、躓くと痛い石のようなもの「を発見することで進んできます

穴をみつけて、それを避ければよいかというと

致命傷でなければ

そこは突っ込みましょう

という場合や

小石にみえても、それは致命傷になりうる

という場合は、避けたらどうですか?

などということをお伝えしながら

ご自身が、運営のカンやコツのようなものをつかんでいただくわけです

それゆえに

売り上げの保障や、必ずうまくいくなどの甘言は一切口にしません

ですから

ある人にとっては、私はまったく無用のものですし

ある人にとっては、とても感謝されます

甘言は一切口にはしませんので

基本的に、私は次の契約続行というはないものとして半年間のコンサルティングを行います

次の契約がなかった場合でも

クライアントさんが、なんとか一人で歩いていけるように考えて

鬼のようなプログラムを実行しています

しかし、面白いことに

もうあなたは一人でやっていけますよ

という人は次期の契約をしていただけますし

あなたはもう少しコンサルティングを受けたほうが・・・

という人は次期の契約をしない傾向が強いです

でも

どちらにせよ

その価値は、その人自身が決めること

私がとやかくいうことはないですし

私の予測がすべて当たるわけではないのですから・・・

せっかく縁のあった業界です


みなさんがそれぞれの道を歩んで

ただハッピーな生活を満喫していただければ


それが一番の喜びなのです


ではまた







プロフィール

こはる

Author:こはる
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。