スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランド



キューバ葉巻のブランドは、それこそ山ほどありますが

写真はその中でもお気に入りの

コヒーバとロメオ、ジュリエッタ

ロメオ、ジュリエッタは

その通り

ロミオとジュリエット

その他にも

モンテクリスト とか

物語の題がついているブランドがあります

その昔

葉巻の工房では

巻く作業に退屈しないように

物語を朗読していたことに由来するそうです


美味しいものを提供するには

作業も楽しくするってことが大切なのでしょうかね


いろいろ言われるキューバですが


いつかは行って、そこでベタに

葉巻とモヒート



スポンサーサイト

葉巻

私は喫煙者です

(このご時世にといわれそうですが、人はみたいものをみるとの言葉どおり
私はたばこの害というのをまったく信じていません 笑)

その中でも、葉巻はやっぱり美味しい

葉巻に興味をもったのは、キューバ革命の志士

チェ ゲバラがよく咥えていたから…というミーハーな理由なんで

葉巻はやっぱりキューバよねと、かなりよい葉巻からスタートしました

キューバブランドの

コヒーバ

ロメオジュリエッタ

バルダガス

などなど吸いましたが

おお、なかなかよい香りだなぁ

と思うくらいで、当然のことながら、それが美味いとか不味いとかよくわからない

でもそこでほっぽりださなかったのは

経験をつまないと何もわからない場合がある、ということをよく知っていたから

10本くらいキューバブランドの高いプレミアムシガーを吸った後

安い葉巻を数本吸いました

で、なんだかキューバブランドとはなんか違うなあと思って

またCOHIBAのコロナエスペシャルという一本を吸ったのですが、そのときはじめて

ああっCOHIBAうめええ

と率直に感じたんですね

そうすると、そこから葉巻の味の違いがわかるようになっていったのです

思い返せば、そこではじめて

私は自分なりの葉巻の基準ができたわけです

それができれば、また吸ってみたい銘柄

こりゃあ今の自分では判断つかないという銘柄

これは未来においても美味しいとは思わないかも

ということがだんだんとわかってきます

確定ではないですが、そういう味覚の地図ができてくる

ところが、最初の数本でやめてしまっていたら

その基準は永遠にできないわけです

単純に、「今までの自分」でその事象を判断してしまう

これは、いわゆる自称「感覚派」の人たちがおちいるワナであって

運営が上手くいかない原因のひとつでもあるのですが

以前ならまだしも

最近はそういう感覚派の方は、そもそも私のコンサルティングを受けませんので

私にとってその問題を抱える人は

存在しない

と同じですから

お互いハッピーでよいなぁと思いつつ、なんとなく書き残しておきます

さぁ葉巻吸って寝よっと


でわまた


プロフィール

Author:こはる
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。